• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

移動販売で儲かる原価率の低い食べ物とは

数十円で作れる夏の定番

数十円で作れる夏の定番

移動販売で儲かるためには、原価率がポイントになります。
どんなに商品が売れても原価率が高ければ利益は伸び悩むでしょう。
移動販売で原価率の低いメニューの一つは、わたあめです。
わたあめは300円から500円ほどで売るのが一般的ですが、原料は砂糖のみであるため原価率が低いのです。
10円で作れるとされてますが、主力商品として扱うのは困難であるため、他のメニューも用意しておくと良いかもしれません。
夏の時期は、かき氷が人気です。
これも300円から400円ほどで提供しますが、削った氷にシロップをかけるだけなので、35円ほどで作れます。
氷にメロンやイチゴ、ブルーハワイといったシロップをかけたものは定番です。
同じような移動販売車が出店するため、フルーツをトッピングしたり、ふわふわの氷を用意したり、工夫しなければ注目を集めることは難しいでしょう。

お祭りやランチタイムに人気の食べ物

お祭りやランチタイムに人気の食べ物

お祭りでよく見かけるベビーカステラも原価率が低いです。
ベーキングパウダーを膨らませるだけであるため、調理も簡単にできるでしょう。
イカ焼きも屋台で売られていることが多いです。
1つ500円ほどですが120円ほどで作れます。
少し高めの料金にしても子供から大人まで好まれる食べ物であるため、お祭りで提供すると利益率が高くなります。
ピザも利益を得やすい商品です。
宅配では1枚1200円ほどですが、300円ほどで作れます。
トッピングに使う野菜やチーズの種類、大きさによって異なりますが、少し高めに値段を設定しても、幅広い年齢層に人気があるので売れるはずです。
ランチタイムに人気があるパスタ類も麺や少量の野菜、オイルだけでつくれるため、オススメの商品だと言えます。
しかし、移動販売ではあまり提供されていないメニューであるため、話題を集めるための工夫が必要です。
また、お祭りに出店する場合は、わたあめやベビーカステラ、オフィス街ではペペロンチーノやピザなど、出店場所によってメニューを変えてみても良いかもしれません。
また、味のクオリティーや付加価値によって売れ行きが異なるため、工夫をしてみてはいかがでしょうか。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED