• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

移動販売の食品営業自動車と食品移動自動車の違いとは

2つの違いを知ろう

2つの違いを知ろう

移動販売はワゴンなど乗り物を活用して商売をしますが、食品営業自動車と食品移動自動車の違いを理解した上で、どの乗り物を活用するか判断することが大切です。
また、どちらを選択するかによって取得しなければならない営業許可の種類が異なります。
まずはじめに、食品営業自動車は、車の中で食材を調理して提供するものです。
これは、一般的にキッチンカーと呼ばれるもので生ものを扱うことはできません。
簡単に加工できる料理を提供します。
例えば、温めたり盛り付けだけで済むメニューです。
許可は喫茶店営業、飲食店営業、菓子製造業ですが、3つ全て取得する必要はありません。
提供するメニューがどれに該当するかを判断して取得してください。

注意すべきこと

注意すべきこと

飲食移動自動車は、調理を行わないものです。
移動スーパーや移動コンビニはこれに該当しており、調理を行わないためあらかじめ商品は包装されていなければなりません。
温める、盛り付けるなど簡単に行える行為も禁止されています。
許可は乳類販売業、食肉販売業、魚介類販売業、食料品等販売業です。
このように2つの乗り物には違いがあります。
移動販売を検討している人は、取得しなければならない許可の種類も違ってくるため、必ず確認した上で始めましょう。
また、どちらを選んでも移動販売をするためには、食品営業許可を申請しなければなりません。
さらに、様々な区域で行う場合は管轄するそれぞれの保健所で申請をしなければならないため、エリアを広げて活動したい場合は、申請の数が多くなり費用がかかります。
できるだけコストをかけずに活動したい場合は、どこで行うのかを事前に決めておくことをお勧めします。
場合によっては、申請をしても認可されないことも少なくありません。
おりやすいのは食品移動自動車であるため、不安な人はこちらを選ぶといいかもしれません。
また、食品衛生責任者の資格を取っている人が1人必要であるため、必ず講習会を受けて資格を取らなければなりません。
違いや資格について知らなければ、違反になるため注意してください。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED