• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

移動販売での車両改造

移動販売の車両を改造する方法は大きく2つ

移動販売の車両を改造する方法は大きく2つ

移動販売の車両を改造する方法としては、制作会社に依頼するか自作するかの2つの選択肢があります。
制作会社に依頼した場合は手間がかからず、車検や保健所の許可申請も考慮して制作してもらえます。
もちろん、アフターケアやメンテナンスもしてもらえて、車両改造に関してのノウハウもあって安心できるでしょう。
改造するにあたっての時間がかかり、個性を出しにくく、好みの車両がない場合もあるといったデメリットもあります。
自作の場合は費用を抑えられて思い通りに改造しやすく、自分で手直しもしやすいです。
ただ、改造に時間がかかってメンテナンスも自分で行う必要があります。
さらに、改造に必要な工具を購入する必要もあります。
どちらを選択するにしてもメリットデメリットがあることを覚えておいた方がよいでしょう。

何を基準とするかで方法が決まる

何を基準とするかで方法が決まる

制作会社に依頼する方法も自作をする方法もあり、一概にどちらが優れているかはいえません。
何を基準とするかで選択する方法は変わっていくものです。
とにかく早く移動販売車の改造を完成させて、保健所の許可項目について考慮してもらいたいのなら、制作会社に依頼するのがよいでしょう。
自作する場合は個性的な移動販売車に改造したいと思う人に適しています。
一般的に移動販売車がすでに準備できている場合は50万円前後の費用で対応可能です。
制作会社に依頼した場合は150万円以上かかるのが基本となります。
そのため、制作会社に依頼するかどうか迷っているのなら、まずは数社に見積もり依頼をするのがおすすめです。
使用用途に合った改造をするにあたって、具体的にいくら費用がかかるのかを把握したうえで、自作との比較をしても遅くはありません。
そして、自作をするための方法および保健所の営業許可の取得について分からないのであれば、やはり制作会社に依頼するのが確実です。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED