• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

カフェを移動販売で行うには

実店舗と移動販売の違い

カフェを開きたいと思っている人もいるのではないでしょうか。
カフェの開業には、移動販売と実店舗を構えて営業する2つの方法があります。
それぞれの特徴を知り、どちらの方法で開業するか判断しましょう。
移動販売でカフェを開業するのと実店舗で開業するのとでは、初期費用に違いがあります。
実店舗の場合は、土地や物件を購入し、その後に営業に必要な設備や備品、人件費を準備しなければなりません。
一方、移動販売は移動販売車を購入するだけです。
また、カフェと名乗るからにはコーヒーマシンが必要になります。
従業員が少ない移動販売はマシンを導入して効率よくサービスを提供すること大切です。
コーヒーマシンは安いもので3万円ほどです。
ランチメニューも提供するのであれば、冷蔵庫、ガスコンロ、フライパンなど最低限の設備を用意しましょう。

利益の違い

最も気になる店は売り上げや利益の違いではないでしょうか。
実店舗は、その店の立地条件やその日の集客率によって売り上げや利益が大きく変化します。
周囲に競合がいなかったり、駅から近い場所での営業は集客も順調で赤字になることも少ないでしょう。
しかし、雨や雪といった悪天候の日は、早く帰宅したい人や外出したくないという人が増える傾向にあるため、集客が大幅に低くなる可能性があります。
また、競合店が増える可能性もあるため、売り上げに大きな影響を与えるかもしれません。
一方、移動販売は営業エリアを自由に決めることができたり、営業日時も自由です。
集客できそうな場所に移動して営業することができるため、損益のリスクが非常に少ないです。
営業場所によってターゲット層が異なります。
そのため、メニュー構成も大きく変わるでしょう。
ランチタイムのオフィス街を狙うのであれば、コーヒーだけでなくホットドックやサンドイッチ、タコライスも用意すると、売り上げは伸びます。
ドリンクメニューもコーヒー以外にスムージーを加えてバリエーションを増やすと効果的です。
個人営業を初めてする人や初期投資を抑えたい人は移動販売でカフェを開業してみてはいかがでしょうか。
効率よく営業することができます。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED