• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

移動販売で知っておきたい法律の知識とは

必ず必要な資格

 ユーチューブを利用するのも一つの方法


移動販売を成功させるために営業のノウハウを身につけることは大切なことですが、法律の知識を身につけることも大切です。
普段、あまり法律に関わることはありませんが移動販売を行う時は様々な知識が必要になります。
例えば、資格です。
誰でもどこにでも営業ができるというわけではなく、保健所からの営業許可が必要になります。
これは出店場所を管轄にする保健所から受けるもので、移動販売を開業するにあたり不可欠です。
また、飲食物を作って提供する時は食品衛生法または食品製造業等取締条例に基づいて申請しなければなりません。
さらに、キッチンカー以外で調理をする場合は、その調理をする場所の資格を得るための申請をしてください。
一般人はほとんど申請する機会がないため、どのような流れて手続きをするのか知っておきましょう。

使用する道路と公園に関する法律


 視聴してもらうために必要なこと


手続きには営業許可申請書以外に、設備概要と配置図、営業概要、食品衛生責任者の資格を持っていることの証明する書類も一緒に添付してください。
また、法人格を取得している場合は登記事項証明書も準備する必要があります。
これらを提出し、認可がおりたら交付を受けるという流れです。
キッチンカー以外で調理をする場合はその場所の営業許可の写しも用意しなければなりません。
他に知っておきたいことは、道路交通法や道路法などの法律です。
キッチンカーは道路上で販売することになるため、必ず警察署長に3号許可という道路使用許可を申請してください。
その際に2000円の手数料がかかります。
また、申請すれば誰でも適用されるわけではなく、認められないケースも少なくありません。
認可されなければ販売することができないため、定休日の店先を借りたり、駐車場を借りるなどの工夫が必要です。
道路ではなく、公園を活用したい場合は都市公園法という法律の適用を受けなければならないため、地方公共団体や国土交通省に申請をしてください。
これは3つの条件をクリアしていれば認可されるため、比較的簡単に得られます。
このように法律の知識が求められます。
違反することがないように、開業前に必ず確認しておきましょう。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED