• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

移動販売で開業するのは本当に低リスクなのか

移動販売と店舗販売の違い

移動販売を行っている人がコンビニエンスストアやスーパーの駐車場、店内にいるのを見かけたりしますが、低リスクで開業できるのでしょうか。
店舗を借りて、お店を経営する場合、ある程度の支出が予想できます。
まずは借りるためのテナント料ですが、月単位での支払いとなるため、毎月必要な支出となるでしょう。
また、料理を提供するお店の場合、作るためのガス代、水道代と言った光熱費がかかります。
店舗ではお客様がいなくても、電気を真っ暗にすることはできないので、電気代も発生します。
光熱費と同じように必要となるのが、人件費です。
店舗での売り上げを確保するためには、お店を開けておく必要があるので、一人で運営するというのは難しいでしょう。
さらには、客数が減少しても、他に移動する事はできません。
その反面、移動販売であれば、スーパーの駐車場や店舗内に入店する事ができ、月々のテナント料に変わるマージン料は各店舗によって異なりますが、あまりにマージン料の金額が高い店舗には入店しないと言った選択も可能です。

低リスクで経営するためには

移動販売は、店舗を構えて経営するよりも低資金で開業することが可能となります。
未経験の場合でも、移動販売車のフランチャイズであれば、マニュアルや指導があるため、安心して開業することができるでしょう。
営業時間や、営業場所も固定されることもなく、客数が減少した場合でもすぐに対応することができるのもメリットの一つです。
店舗を構えている場合では、移動することは難しいです。
また、人件費などを考えた場合でも、移動販売車であれば一人で開業することができるため、心配いりません。
また、移動販売は、曜日やイベントに合わせて移動することもでき、それぞれの場所に合わせた品目を取り扱うことが重要です。
客層に合った品目を販売することが大切です。
店舗経営に比べ、移動販売は臨機応変に対応することができるので、売上アップにつながるでしょう。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED