• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

フランチャイズ加盟を解約して同業種で独立することは法的に可能?

フランチャイズに加盟した際の注意点について

いわゆる脱サラを果たして独立する際に、フランチャイズに加盟をするケースもたくさんみられます。
それによって自分自身が持ち得ていなかったノウハウを取得できたり、物流システムやメニュー情報やその他様々なものを得られたりする可能性もあるでしょう。
このようにあまりその分野の知識を持っていない人などが独立をする際に重宝されているフランチャイズですが、良いことばかりではありません。
契約に際して競業避止義務が課されることもありますが、これがあるとフランチャイズ加盟中や解約後に、同じ業種で独立することが制限されることもあります。
フランチャイズ本部とどういった契約を交わしたかで大きく事態は変わることになり、そもそも競業避止義務が設けられていないこともあります。
逆に加盟中だけではなくて、解約した後も競業避止義務が課されることもあるのが現状で、基本的にはこれを遵守しなくてはいけません。
ですから加盟をする際にはノウハウ提供やその他魅力的な部分だけをチェックするのではなくて、競業避止義務に関してもしっかりと確認する必要があるのです。

フランチャイズ加盟から脱して同業種で独立できるか

上記したように競業避止義務が課されていて、それが解約後も引き続き適用されるのであればその期間は同業種では独立できないでしょう。
しかし一概には言えず、解約の理由がフランチャイズ本部側の怠慢、過度な制約などによるものであれば、裁判等で認められるケースもあります。
まとめると、法的には契約内容に基づきますが、状況次第では覆すことも不可能ではないということでしょう。
しかし競合避止義務は認められている制度ですので、後々問題になることがないように、加盟する前にチェックをしてください。
フランチャイズ関連でトラブルになることが多い部分ですし、これによって自分の将来が制限される可能性もありますから注意が必要です。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED