• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

フランチャイズチェーン保持のための契約条項には注意しよう

フランチャイズに関する契約について

フランチャイズに加盟をすると、フランチャイズ本部側が定めている契約書をもとに契約をすることになるでしょう。
そこには様々な内容が書かれており、各社異なったものとなっています。
中にはフランチャイジーにとって著しく不利益になるような条件が盛り込まれていることもありますから、注意深くチェックをするようにしてください。
ロイヤリティについて、ノウハウ提供について、その他のサポートについて、契約期間について、競業避止義務についてなど様々です。
基本的にはフランチャイズ本部側に有利な条件が含まれていることが多いので、実際に契約をする前に必ず確認すべきでしょう。
そうでないと後々後悔することになりかねませんし、実際にトラブルになったというケースは枚挙にいとまがありません。
また、フランチャイズ本部はフランチャイジーに対して少しでもチェーン保持をしてもらうべく、様々な条項を設けているケースもあるでしょう。

フランチャイズチェーン保持のための契約条項はしっかりと確認したい

脱サラをしてフランチャイズに加盟して…という流れで独立を果たす人は、今の時代もかなり多いです。
勢いがあることは良いと思いますが、しっかりと各社の契約内容を吟味せず、フランチャイズ本部が掲げているメリットばかりを見て契約をする人も少なくありません。
フランチャイズチェーン保持をすることによって本部は利益をあげることができるので、契約してしまうと違約金が発生したり、解約金が発生したりすることもあります。
各社それぞれ内容は違いますが、違約金条項や中途解約条項が契約書に盛り込まれていることも多く、実際に契約をする際には読み飛ばすことも考えられます。
フランチャイズに加盟しても必ずしも儲かるわけではありませんし、途中でやめよう…と思うかもしれません。
そんな時にチェーン保持をさせるために違約金や中途解約金制度が用意されているのです。
痛手になることは間違いありませんし、どういったフランチャイズチェーン保持のための契約条項が設定されているかを把握して、そのうえで契約するかしないかの決断を下すべきです。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED