• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

フランチャイズ本部の売上予測が実際と違う場合の対処方法

フランチャイズ本部が提供した売上予測が違った?

フランチャイズに加盟しようかと検討中の人にとって、フランチャイズ本部が提供してくれる情報は非常に重要性が高く、信憑性が高いと感じるはずです。
売上予測の金額に満足できればフランチャイジーとして加盟する動機になり、満足できなければ白紙に、ということが多いので、この売上予測は重要なポイントです。
様々な条件によって売上額は異なるので、100%間違いない売上予測を立てることは難しいのですが、実際の数字とあまりにも乖離が激しい場合、あるいは正しい情報を伝えていない場合などは、損害賠償請求が認められることも多くなっています。
フランチャイズ本部は加盟希望者に対して、確実性の高い情報を提供する義務を負っているので、この結果も当然と言えます。
フランチャイズ本部と加盟者は、立場的にも力関係がはっきりしていますが、売上金額が当初の予測と異なれば、それは加盟者側に大きな負担となって現れます。
全ての場合において損害賠償請求が認められるわけではありませんが、売上予測の誤りからくる経営不振については、賠償される可能性が十分にあります。

本部と加盟者間に起きがちなトラブル

加盟者の目線に立った良心的なフランチャイズ本部もあれば、評判の芳しくない企業もあります。
どこに属するかによってその後の人生は大きく変わりますが、述べてきたように売上予測はとても大事な判断材料になります。
売上予測の際に正確な情報収集や分析を行わなかった場合、根拠なく売上予測を示した場合にも、損害賠償請求の対象になる可能性があります。
実際に、本部と加盟店側は対等な立場ではないので、だからこそ本部は加盟者に対して的確な情報提供を行う必要があるのです。
加盟数を増やしたいがために虚偽の情報を伝える、あるいは本部にとって都合のよいことしか伝えないといった悪質なフランチャイズ企業も存在します。
フランチャイズ本部が提示した売上予測が実際の売り上げと違う場合には、大きなトラブルに発展する前に専門家に頼り、損害賠償請求をするのも対処方法のひとつです。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED