• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

フランチャイズにおけるFC法の制定は必要か?

フランチャイズについての基礎知識

フランチャイズを募集している企業に応募して店主になりたい、フランチャイズ店主として頑張りたいという人が増えていますが、まずはフランチャイズについての基礎的な知識を学んでおきましょう。
フランチャイズとは、パッケージされたイメージブランドによって販売を画一化し全国に営業範囲を拡大させる事業形態のことを指します。
店主となるには、応募してフランチャイズ加盟店になる必要があります。
コンビニや家電量販店、ドラッグストアなど現在ではさまざまなFC加盟店があり、同一ブランドを武器にした営業を行っています。
価値あるブランドを創り上げることに成功していれば、あとは営業範囲と店舗数を増やすだけで利益はどんどん上がっていきますから、そう考えるとブランドを用いた合理的な事業形態と言えるでしょう。
しかし、母体となる企業がブランド価値を損ねてしまうと、加盟するFC店舗や店主にも影響が生じるという負の側面もあります。

FC法による規制について

FC法と呼ばれる規制は、一般にはなじみのないルールですが、フランチャイズ加盟して店主になることを考えている人なら、聞いたことがあるかもしれません。
FC法は、日本だけでなく国際機関によって決められている規制の一つであり、日本では情報開示法のことをFC法と解釈する傾向にあります。
FC法と名がつく法律が存在するわけではないので、そこは勘違いしてはいけません。
近年ではFC法による規制が必要かどうかという議論が巻き起こることもありますが、これは賛否両論と言えるでしょう。
アメリカには国で統一されたFC規制法は存在せず、あくまで州法によって決められているだけです。
つまり、フランチャイズによるロイヤリティの規制があるのは、あくまでアメリカの一部地域だけということになります。
今後日本でどのような動きとなるのかはまだ分かりませんが、FC加盟を検討している人は今後の動向にも注目しなくてはならないでしょう。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED