• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

知っておきたいフランチャイズ加盟金の特約条項

フランチャイズ加盟金の特約条項について


フランチャイズ本部と加盟店側が契約を結ぶ場合、必ず契約書を交わすことになります。
通常はフランチャイズ側があらかじめ用意している契約内容に基づいて契約が進むのですが、状況次第では新たに個別の特約条項が設けられることもあります。
特約条項というのは元来例外的な意味合いがありますから、何か特別な理由がある際には特約条項が登場します。
しかしフランチャイズの世界においては特約条項があらかじめ設定されているケースもあります。
それは様々ありますが、特に多いのが「加盟金不返還特約」というもので、これはどのような理由があろうとも加盟金を返還することはありません、というものです。
ある種当たり前のように聞こえる内容ですが、フランチャイズ本部側に何らかの問題があり、結果的に撤退することになった場合も加盟金は返還されないということです。
これを不服だと思って訴訟を起こしたり交渉をしたりしている加盟店もいますが、認められることばかりではありません。
ですからフランチャイズに加盟するにあたっては、慎重に考えることも大事ですし、加盟金不返還特約を設けていないところを探す方法もあります。

加盟金の特約条項を把握するとフランチャイズで失敗する確率が減る?


フランチャイズ制度を利用して事業を行うということは、本部側から様々な情報やノウハウなどを提供してもらうことになります。
ですから契約をする段階では勝手に成功すると思い込んでいる場合もありますが、甘くはありません。
事業ですから当然リスクがあることは承知しないといけませんが、例えば本来提供されるべきものの提供が無かったり、契約内容と違う内容だったりする場合などには不満が溜まるでしょう。
しかし加盟金不返還特約があると、相当なケースでないと返金されないと思うので気を付けましょう。
逆に加盟金不返還特約が設定されていないフランチャイズは必ず返金するのかというとそうではありません。
しかし契約内容が実行に移されないなどの場合は、特約を設けているところよりも返金されやすいかもしれません。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED