• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

契約終了時のトラブルを未然に防ぐための知識

見落としがちな契約終了時の規約

雇われの身で長い間働いてきた人は、自分が稼いだはずの売り上げでも、そのまま給料に反映されるとは限らないのがつらいところです。
歩合制だったとしても、もらえる金額が少なければ納得がいかないはずです。
頑張ったら頑張った分だけの金銭的な見返りがなければ、やる気は失われていくことになるでしょう。
自分が頑張って稼いだものが、自分の手元に入るようにしたいのであれば、フランチャイズによってお店を経営することを考えてみるといいでしょう。
フランチャイズ経営を考えているのであれば、トラブルに巻き込まれないように気をつけなくてはなりません。
最初に聞いていた話と違ったと思っても、自分がきちんと確認していなかったということもあるからです。
契約終了時にトラブルが起きると違約金が発生するような場合がありますので、損をしてしまうことになります。
契約終了時のトラブルを未然に防ぐためには、たくさんの専門知識が必要になるでしょう。
やっとの思いでお店を持てたと思っても、トラブルになっては元も子もありません。

フランチャイズは解約のタイミングにも注意

フランチャイズでお店を始めたものの、経営が思うようにいかなかったり、健康問題などの理由で解約をした方がいいと判断することもあるでしょう。
これ以上経営は難しいと考えるのであれば、フランチャイズ契約の解約をして、契約終了させるようにしなくてはなりません。
最も順当な方法としては、契約満了のタイミングで解約をする方法があります。
しかし更新のタイミングでやめようと思っていたとしても、契約終了前の一定期限までに申し出るようにしておかなければ、解約できない場合があります。
契約満了まで何も申し出ずにいれば、自動的に更新したものとみなされる契約になっている場合もありますので、気をつけておかなくてはなりません。
契約内容をよく把握しておかなければ、やめるタイミングを失ってしまうことになり、希望通りのタイミングでやめることが出来なくなります。
トラブルの原因を自分から作らないようにしなければいけませんので、フランチャイズ契約の前には、トラブル防止を心がけて契約しましょう。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED