• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

フランチャイズ展開における独禁法ガイドラインの概要

独禁法とは

独禁法とは独占禁止法の略で、一般には呼びやすさから独禁法と呼ばれることが多いものです。
独占禁止法は、不公正な取引やなどによって事業を一極集中させることを防止する法律です。
事業を一極集中させてしまうと、競争相手がいない分、価格をどんどん釣り上げることができてしまうので、結果的に健全な経済の発展が望めなくなります。
つまり、こうした私利私欲のために事業を独占することは、法律で認められていないということなのです。
それを踏まえると、フランチャイズは独占禁止法に触れているのではないか?という疑問が生じます。
フランチャイズとは言っても加盟者は一事業者ですから、本部からなにがしかの拘束を受ける事業は、確かに独占禁止法違反につながるようにも思えます。
そこで提示されたのが、独禁法ガイドライン(フランチャイズガイドライン)です。

独禁法ガイドラインの概要

厳密には、独禁法ガイドラインというものは正式には存在しません。
ここでは、フランチャイズガイドラインの中の独禁法にかかわる項目を、独禁法ガイドラインと呼ぶことにしましょう。
まず大前提として、フランチャイズでは本部は加盟者に対してシステムの統一性の維持という側面においてのみ拘束することができますが、それ以上の拘束は不当となります。
フランチャイズに加盟する際、本部は商品の供給や指導内容、融資などたくさんの「開示することが望ましい」事項を設けています。
フランチャイズ加盟時には予想売上や予想収益を算定しますが、この計算が不合理であったり、ロイヤリティの説明が不十分であったりなど、本部側の責任が果たせていなかった場合は、欺瞞的行為と見なされます。
実際に、フランチャイズを展開している企業の中には、加盟者に対して不当な拘束と見られる行為を行っている企業も少なくありません。
フランチャイズに加盟する際は、独禁法ガイドラインに則って情報が開示されているか、また、その内容に不正がなく、正しく運営されているかどうかを見極める目も養う必要があるのです。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED