• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

フランチャイズシステムの優越的地位の濫用とは?

フランチャイズシステムで問題になっている優越的地位の濫用について

ビジネス活動を行っていると実感するのが、優越的地位の問題でしょう。
やはり、どうしても契約内容など次第では、強い立場に立つ者が出てきてしまいます。
それ自体は仕方がないことなのですが、優越的地位を利用して相手方に対して不当な要求をするケースも実は少なくありません。
優越的地位に立つ側も、その逆の立場の人もそういったことは仕方のないものだ、どうしようもない、などと考えていることもありますが、そうでもありません。
優越的地位を濫用するというのは、してはいけない行為ですから、まずはそれを知っておくべきです。
フランチャイズシステム業界においても同様で、特にこの業界は本部側と加盟店側で力関係がはっきりしやすいという特徴があるので、こういった問題が表面化しやすい状況が多々あるでしょう。
実際にこれが問題になって排除措置命令が出されたこともあります。
優越的地位の濫用というのは、名前の通り、この地位を利用してむやみやたらに使用する行為のことです。

フランチャイズシステムにおける優越的地位の濫用について

ノウハウだけでなく、商品自体を加盟店に提供することもあるフランチャイズ本部側は、かなり強大な権力を手に入れているケースもあります。
加盟店側が苦痛を感じるようなシステムを構築していることもあり、中には理不尽なルールを強制しているフランチャイズもあります。
例えば、下記の場合だと優越的地位の濫用にあたるでしょう。
コンビニの本部が加盟店に対して、価格の値下げ販売を容認しないうえに廃棄する際の費用や仕入れ費用を店舗に負担させる。
そして加盟店がまた値下げ販売を行うと再度禁止させ、禁止に従わないようであれば契約の解除を匂わせる。
これはまさしく優越的地位の濫用にあたり、実際にこのような濫用を行っているフランチャイズシステムは、たくさんあるのかもしれません。
しかし、もちろん加盟店のことを考えたシステムを構築しているところも多いので、そういったフランチャイズシステムを選択すべきです。
plus1mindでは、本部側と加盟する店舗側はWINWINの関係になるべきだと考えています。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED