• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

フランチャイズ業界の現状

フランチャイズシステムの現状について

急速に広がってきたフランチャイズシステム。
このビジネスモデルは、本部と各事業者が契約を結ぶことによって、商品や流通、ノウハウなどを提供するシステムのことです。
これだけ急速に広がりを見せているのには理由があり、それを探ることでフランチャイズシステムの現状を把握することができるでしょう。
事業を行うにあたり、ノウハウをはじめ、様々なものを自分で準備することになります。
その難点を解消してくれるのがフランチャイズで、気軽に加盟できるという点も注目されているところでしょう。
フランチャイズ店舗の数も基本的に年々増加していると言っても過言ではないですし、総売り上げ金も当然増しています。
フランチャイズ=小売り・飲食店というイメージでしたが、今は様々な業種がフランチャイズシステムを展開しているのです。
フランチャイズを展開する企業が増えたことで、起業に対する敷居が下がったという見方もあるので、今後も加盟店は増え続けるでしょう。

フランチャイズの変化と現状について

ここ数年、10年ほどで、状況が様変わりしてきており、チェーン展開する企業の中には、日本のみならず海外展開するところも出てきています。
海外展開の際に必要なノウハウなども、フランチャイズが得意とする独自の情報集能力などを頼りに、成果を出している企業もあります。
そして昔と比べてフランチャイズ制を導入する業種が増えましたが、時代のニーズに上手く応えている例も見受けられるでしょう。
例えば介護関連業界に至ってもフランチャイズ制を導入するというケースが増しているのです。
このように新たな変化を見せているこのシステムですが、現状をより知るためには、売り上げ金にも目を向けなくてはいけません。
現状、フランチャイズシステムを導入している店舗の売り上げは、年間20兆円以上となっています。
少なくともここ数年は、下降線を描くこともなく推移していくでしょう。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED