• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

フランチャイズで経営上の資金管理も軽減

フランチャイズシステムと資源の節約化

フランチャイズシステムとは、本部が提示した商品ラインナップを踏襲し、
これを全国展開することで、商品の製造コストや流通コストの低減を図りつつ、
全国的に当該ブランド価値を損なわずに広く販売できるといった、
画期的なシステムだと良く言われます。
このフランチャイズシステムは、確かに自ら新たに商店などを興すよりも、
資金や商品管理コストが著しく軽減できるなど、メリットが多いと言えます。
商品管理コストについては、ポスシステムにより、
販売時にどの商品がいくらの値段で販売されたかが瞬時に分かるため、
在庫の棚卸などの手間が省けるといった良い点があるという訳です。
また、広告宣伝費についても資金を軽減できることは言うまでもありません。
広告宣伝費は、最も資金がかかる割には、
その効果がなかなか見えにくいといった弱点を持ちます。
しかし上手に行うことで大きな効果が表れるといった側面もあります。

広告宣伝費の管理コスト低減化

フランチャイズシステムでは、広告宣伝費の管理コストが軽減されるなど、
主として資金面で良い場合が多いのも事実です。
しかし、それはその分の資金を本部が負担していることになり、
それがロイヤリティの割合として跳ね返ってくるとも言われます。
ロイヤリティ料金が高いことを理由に、
フランチャイズシステムは難しいといった声も良く聞こえてきます。
しかし中には、勉強を重ねて上手に儲けている例もあります。
ですので、社長も重労働をしなければならないと言われますが、
一概に本当にそうかと言われれば、そうとも言えない部分もあるシステムなのです。
但し、コンビニエンスストアをフランチャイズで経営し、
本気で儲けようと思ったならば、
やはり家族はバラバラに働かなければ難しい部分もあるようです。
上手にやれば儲かるのですが、生活上でそれが良いかどうかは各自の判断になります。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED