• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

フランチャイズとボランタリーチェーンの共通点と相違点について

フランチャイズとボランタリーチェーンの違いについて

フランチャイズという言葉は今ではよく耳にするようになりましたが、
他にもフランチャイズと似たようなシステムがあるのをご存知でしょうか?
それはボランタリーチェーンと呼ばれるシステムです。
フランチャイズよりも仕組みが非常にゆるやかで、
比較的自由なスタイルでショップを運営していくことができるものです。
ではフランチャイズとボランタリーチェーンの違いとは何処にあるのか、詳しく説明しましょう。
フランチャイズの場合は、基本となるシステム、商品ノウハウなどを委託し、
それらを活用して事業展開し、利益を上げることを目的としているシステムです。
つまり、最初にあるブランドを拡大していくことが、フランチャイズの前提となってきます。
商品やブランド、屋号まで、基本的には本部のシステムを受け継ぐ形となるので、
自分だけの自由なオリジナリティーを追求することはなかなか難しいと言えるでしょう。

メリットが大きいのはどちらか

これに対して、ボランタリーチェーンの場合は、比較的自由な発想や方針でショップ運営ができるので、
本部の仕組みや決まりごとに左右されることなく、オリジナルの商品開発をすることも可能です。
しかしボランタリーチェーンの場合は仕入れだけを共同で行い、後は一任されることが多いので、
培われた経営ノウハウや技術をフランチャイズのように受け継いだり、サポートを受けることはできません。
つまり、運営については同じボランタリーの経営者同士で情報交換し合うしか手段がないため、
全くノウハウがない未経験者がボランタリーチェーンに手を出すと、事業に失敗する可能性が高いのです。
共通点も多いように見えるフランチャイズとボランタリーチェーンですが、
実際にはしっかりと経営ノウハウが学べてサポートが得られるフランチャイズの方が、
低リスクで成功する可能性が圧倒的に高いことは言うまでもないでしょう。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED