• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

フランチャイズ契約と代理店契約の違い

フランチャイズ加盟店と代理店との違い

フランチャイズに加盟して店を出すのと、代理店にするのとどこに違いがあるのか、
正確に説明できる人は意外に少ないものです。
フランチャイズは、本部の加盟店になって、本部の商品や販売方法等を利用する方式です。
加盟店は、売上げ金の一部を本部に納めることになります。
こうして、お互いにメリットを享受する仕組みになっています。
そしてどの加盟店も基本的には同じ契約書を本部と交わし、同じサービスを提供するのが普通です。
開業から運営まで本部が指導するので、加盟店としては安心して参加できるシステムです。
また本部の経験、実績も確認した上で開業でき、将来の見通しも立てやすいといえます。
代理店は、フランチャイズ加盟店とは違います。
代理店は、商品の販売等を委託契約によって請け負う営業形態です。
商品の生産はするが販売はしていない、という会社は、
この代理店と契約することによって販売活動を行なっているのです。
代理店は販売だけでなく、アフターサービスまで行うようになっています。
他社とも代理店契約をして、複数の会社の商品を販売する店もあります。
販売方法等は契約によらず自由に行うことができますので、代理店によって違いがあります。
代理店は自宅を店舗にもできますし、経営形態も問われません。
売上げ金の上納は不要ですが、その代わり委託会社による経営ノウハウを伝授することはありません。

フランチャイズ経営をするなら

ロイヤリティ負担というものは、売り上げの数%にもなるのが普通で、これは店舗の利益を相当圧迫するものです。
当社が展開するフランチャイズは、一般的なものとはシステムが異なり、本部にロイヤリティを支払う必要がありません。
しかし経営面の指導やバックアップは十分に行うので、経営の経験が無くても安心して始められるのが特徴です。
フランチャイズのメリットはそのままに、デメリットは最小限にとどめるという、
まさに「いいとこどり」のシステムは、業界でも注目を集めています。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED