• 大阪の元気社長のブログ
  • 楽天
  • facebook
  • 大阪の社長tv
  • OSAKA EVESSA

大阪06-6213-7800東京03-5775-6157

お問い合わせ

コラム  
放課後等デイサービス「ひまわり」とは

フランチャイズと暖簾分け(のれん分け)の違い

店舗を開業するには、江戸時代からある「のれん分け」制度を
利用するという方法もあります。

長年仕えた奉公人が一人前になると、
その労を報いるため、主人が奉公人の独立を援助する制度です。
ちなみに「のれん」とは、
お店の商号・技術・格式・伝統・顧客・仕入れ先・事業のノウハウなど
お店の有形無形の財産を指します。

のれん分けの場合、主家(オーナー)と分家に契約関係はなく、
主家の事業拡大を目的としている制度でもありません。

≪現代の「のれん分け」制度≫

フランチャイズの本部によっても、
のれん分けの形態は異なりますが、
一般的に正社員として勤務して
店長になったあと、
独立してオーナーになっても大丈夫だろうと
本部から認められたら
本部のサポートを受けながら
フランチャイズオーナーとして独立できるという制度で
一般的に3 年から5年社員として働く
必要があります。
他の方法で開業するよりも安全で
リスクの少ない開業方法です。

≪のれん分けのデメリット≫

のれん分けは社員として数年勤務しなければならないため
すぐに開業できないというデメリットがあります。

株式会社プラスワンマインドでは、
ボランタリーチェーンというフランチャイズシステムをとっており
最短2週間で店舗の出店が可能です。
アルバイトだけで運営可能な事業で、
副業にされても簡単で安定した利益の確保が可能です。
開店のための資金も少なく安心してスタートしていただけます。

85万円からの開業プラン 詳しくはこちらから! 最少2,150,000円で研修付きの出店が可能! FC加盟の詳細はこちら お問い合わせ 移動販売について

株式会社プラスワンマインド

COPYRIGHT(C) PLUS1MIND INC, ALL RIGHTS RESERVED